テープ かぶれ 対処法 塗り薬 軟膏

テープかぶれの対処法には軟膏など塗り薬を使う

スポンサーリンク

軽い湿疹や、テープなど原因がわかっているかぶれに対しては、病院などを受診せずに、自分自身での自己治療、つまりセルフケアで対応することが出来ます。
しかしながら、まれに病気などが原因で現れる湿疹やかぶれもあります。
病気などが原因で生じる湿疹やかぶれの対処法としては、医療機関への受診が必要となります。
ここでは、セルフケアでの対応が可能なケースでの、対処方法について、焦点をあてて解説していきます。
軽い湿疹やかぶれなどをセルフケアする場合は、市販の軟膏(塗り薬)などを用いて、治療に対応することになります。
ドラッグストアなどに行けば、たくさんの塗り薬(軟膏)があるため、自分の症状に合わせて上手に利用することがとても重要になります。
症状の強さなどにより、どの塗薬を選択するかが変わってきます。
症状が軽い場合の対処方法としては、ステロイド外用剤の中でも、よりゆるかにマイルドに作用するものや、かゆみ成分を抑える抗ヒスタミン外用剤を用いると良いでしょう。
また、特により症状が強い場合は、ステロイド成分が含まれた外用剤を選ぶようにすると良いでしょう。
痒くてかきむしってしまった場合は、抗菌作用が含まれている外用剤を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

テープかぶれに用いる軟膏には、様々な成分の薬がありますが、ここでは良く用いられるステロイド外用剤について焦点を当てていきます。
ステロイドがテープかぶれになぜ効くかというと、体の免疫反応を抑える効果があるからだといわれています。
湿疹やかぶれなどは、体の免疫が過剰に反応した状態です。
したがって、この過剰に反応した免疫機能を抑えることによって、テープかぶれの症状を抑えることが出来るのです。
ステロイド外用剤を使うときには、患部を清潔にしてから軟膏を塗るようにしましょう。
そして、薬は強くこすったり、すりこんだりせずに、薄く伸ばして使用するようにしましょう。
使用回数は、説明書きに書いてある回数を守って使用しましょう。
1日2〜3回塗るのが一般的だといわれています。
また、ステロイド剤を使っていても症状が良くならない場合は、早めに皮膚科の受診することがとても大切になります。
ステロイドは怖い薬というイメージを持っている人もいるようですが、正しく使えば効果のある薬であることを理解しておきましょう。
自己判断での自己治療、セルフケアも可能ですが、あまく見すぎず、見くびらずに、なかなか治りが悪いと思ったら、はやめに皮膚科のクリニックを受診して、医師の診断を仰いで適切な治療をしてもらうとよいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加