まぶた かぶれ エクステ

まつげエクステによるまぶたのかぶれの原因と対処

スポンサーリンク

かぶれは皮膚の炎症疾患です。
かぶれは皮膚が赤く腫れたり湿疹ができたり、痒みを伴う症状のことを言います。
最近では、アイメイクを重視するメイクが流行っていてまつげエクステを利用する方も多くなっています。
まつげエクステとは、自分のまつげ1本1本に人工のまつげを専用の接着剤で装着していく技術のことを言います。
2〜3週間は取れることなく綺麗な状態を保ってくれるので、アイメイクが楽になったり目がパッチリするなどと言った理由で人気があります。
しかし、これがまぶたのかぶれを起こす原因となる方もいます。
例えば、まつげエクステでは使用する接着剤は瞬間的に接着するタイプのものが多く、アレルギーや肌の状態に合わせて数ある中の種類の接着剤を使い分けて使用します。
しかし、この時に自分に合わない接着剤を使用すると、まぶたのかぶれやアレルギーなどを起こす原因となる場合があります。
普段は大丈夫でも、そのときの体調などによって肌が敏感になることがあります。

スポンサーリンク

まつげエクステをする際に注意することは、まず第一にお店選びです。
安全にきちんとした資格を持ったスタッフのいるお店で施術してもらうことが大切です。
ポイントとしては、きちんとしたカウンセリングの時間を取っているか、アフターフォローの説明があるかなどがあります。
基本的には、施術中に接着剤が目に入ることはありませんが、施術中はしっかりと目を閉じておかないと接着剤が目に染みるといった症状が起こる場合があります。
自分に合わない無理なエクステの接着をした場合、損傷や減少がみられます。
また、エクステを外す際、自分で無理やりはがしたりすると自分のまつげが傷むので、専用のリムーバーを使用して優しく取ることが大事です。
安全面・技術面・衛生面をきちんと チェックして信頼できるお店選びをしていくことが大切です。
もしかぶれてしまったときには、炎症を早く治すステロイドや痒みを抑える抗ヒスタミンという薬を使用することで短期間で症状を鎮めることができます。
かぶれなどの症状が起こった際は、すぐに皮膚科に行くなどの対処をしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加