まぶた かぶれ 乾燥

まぶたの乾燥によるかぶれで化粧ができない人に

スポンサーリンク

乾燥が気になる冬の時期は、体のいたるところが痒くなったり、乾燥した経験はありませんか。
特にまぶたの乾燥や、皮膚のかぶれはメイクや視力にも影響し、女性にとってはとてもつらい症状と言えます。
そこでまぶたのかゆみ、乾燥の原因やかぶれを抑える対処法などを詳しくお伝えしていきます。
目は人の第一印象でもあり、髪形や輪郭よりも重要な部分と言えます。
にも関わらずまぶたがかぶれていたりすることによって印象は格段に下がってしまいます。
冬の寒い時期には目をこすりやすくなるメカニズムがあります。
そして女性の方は毎日お化粧をされる方がほとんどだとおもいますが「アイシャドウ」によるかぶれの原因が一番多くみられます。
成分にもよりますが手軽に手に入る安価なものほど危険性が高く、肌に悪い成分が入っているものも少なくない為、それが原因で炎症を引き起こすことも多いです。
また、顔そりなど剃刀ので余分な皮膚を削ってしまいそこから肌の潤いが失われて乾燥につながるケースもあります。

スポンサーリンク

でも、そんな乾燥や炎症を起こしてしまうまぶたも、日々のスキンケアで簡単に防ぐことができます。
皆さんは毎日化粧水や乳液を使っていますか。
つかっている方がほとんどだと思いますが使い方が肌を守る重要なポイントとなります。
化粧水を肌になじませるとき手の平でする方が多いですが手の平でやってしまうと化粧水が行き届く範囲にむらができてしまいます。
なので指先で肌になじませることを意識してみてください。
隙間ができてしまうことでその分の保湿ができていない可能性があります。
ですので指を重ねて刷り込んだりそろえたりしてまんべんなく保湿することを心掛けてください。
先ほど原因の例として顔そりのことを言いましたが、顔そりをした後しっかりと保湿してあげれば問題はありません。
ほかにも外に出た時の紫外線も原因の1つに入るので日頃から紫外線対策をしスキンケアをしましょう。
かなり気になってしまう方は、コットンパックでまぶたに潤いを与えることもいいでしょう。
乳液などをコットンにしみこませまぶたに当て少し時間置いてみてください。
このように同じ悩みを抱えている方は日頃のスキンケアから始めて見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加