化粧水 まぶた かぶれ

化粧水によるまぶたかぶれはどうして起こるのか

スポンサーリンク

ドラックストアなので気軽に買える安い化粧水でも、高級で肌に良いとされている成分がたくさん配合されいる化粧水でもなぜか、まぶたがかぶれて赤くなったり、腫れてしまったりするのは何が原因なのでしょうか。
化粧水は洗顔後につけたり、肌が乾燥していたりするときに付けたりすることが多いですが、その時の肌の状態はとても敏感になっています。
敏感な肌には化粧水でも過敏に反応してしまうことがあります。
特にまぶたの皮膚は薄く、顔の皮膚の中では丁寧にやさしくしなくてはなりません。
このような場所ですから、雑に扱い適当に手入れをしていると他の部分よりもかぶれてきて、目立ってしまったり、時には痒みや熱を持ってしまったりすることもありますので、なるべくソフトに化粧水をつけてあげるようにしていくといいようです。
また、洗顔後特にお風呂の後は通常の時よりもすぐに水分が乾燥していくので、お風呂から出たらすぐにお手入れすることが勧められています。

スポンサーリンク

では、次にまぶたがかぶれないためにどのような化粧水をえらべばいいでしょうか。
一番いいのは、やはり無添加で自然の成分を使っているものです。
化学成分が配合されているものはまぶたには強すぎることもあるので注意が必要です。
肌には良い成分だったとしたら、多少大変ですが顔全体用とまぶた用で使い分けるとかぶれることは少なくなります。
その他には、皮膚科で処方してもらうこともできますので、自分の症状にぴったりとあうものをだしてもらえます。
また、ネットや書籍などを調べると、つくり方が詳しく載っていたり、材料がセットになったものも販売していますので、自分で作ってしまうこともできます。
そして、どの方法をとったとしても、気軽にすぐ使うのではなく必ずテストしてからつかうことで、あんしんしてながく使えるものとなります。
自分のまぶたはかぶれやすいということを忘れずに、慎重に使うものを選べば、かぶれに対して過剰になることもなく、快適に過ごせます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加