湿布 かぶれ 原因 治し方

湿布かぶれの原因と治し方

スポンサーリンク

湿布が皮膚に合わなかった時、皮膚が赤くなったり、ひどくなると皮膚がめくれてしまったりとかぶれてしまうことがあります。
湿布により皮膚がかぶれてしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。
その治し方について解説します。
まず、このかぶれの治し方ですが、予防方法としても、注意すべきこととして同じ位置に長時間湿布を貼ってはいけません。
湿布が使用する人の肌質や体質に合わないものであれば、長時間の使用は皮膚にとって負担となり、かぶれの原因となってしまいます。
基本的に、皮膚が弱い肌質の人は、3〜4時間ごとに張り替えるくらいのペースで、同じ場所に張り続けないように張り替えるようにしましょう。
また、張り替える際には、30分から1時間程度皮膚を休めてあげるために間隔をあけてください。
皮膚を休めるための休憩として、インターバルをとってから湿布を貼るようにするのです。
皮膚のかぶれを起こしやすい肌質の人はもちろん、普段はかぶれにくい人も予防として同様に感覚をあけながら湿布の使用をすることをお勧めします。
皮膚のかぶれは、悪化すると、光接触皮膚炎などといった皮膚炎になってしまい場合もあります。
ですので、特に皮膚が弱い方は注意して湿布薬を使用するようにしましょう。
また、湿布薬が肌に合わない場合は、お近くの皮膚科のクリニックを受診して、相談するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

次に、湿布による皮膚かぶれの原因についてです。
もちろん、使用している湿布が肌に合わなかったり長時間の使用というのが、原因の一つなのですが、驚きなのが「光」が原因であるというものです。
一部のものを使用した際、光接触皮膚炎や光線過敏症といった光が関係する皮膚の病気を引き起こしてしまうことがあります。
湿布を貼った患部に、光(紫外線)が当たることでアレルギーを起こし、症状が出てしまうと言ったものです。
湿布により皮膚がかぶれてしまった場合、腫れやかゆみ、水ぶくれなども伴ういますが、使用に際しては細心の注意が必要という医師からの説明もあると思います。
もし、なってしまった場合は塗り薬による治療を行います。
特に症状がひどい場合には、内服薬も使用して治療を行っていきます。
またその後再発、悪化しないためにも患部は日光が当たらないようにサポーターなどをして守るようにして防ぎましょう。
以上が湿布かぶれの原因と治し方です。
湿布かぶれを起こしやすいと過去の経験からある程度分かっている方は、かぶれを起こしやすい体質であることを認識して、特に予防的に注意して湿布を用いるとよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加