まぶた かぶれ ステロイド

化粧かぶれによる、まぶたのかぶれとステロイドの使用

スポンサーリンク

女性なら一度は化粧によるかぶれを起こしたことがあるのではないでしょうか。
化粧かぶれとは、化粧をすることでヒリヒリしたり、ニキビなどの発疹・湿疹、あかみや痛みなどの症状を指します。
化粧品の成分が肌質に合わず反応を起こしたり、長時間化粧していることによって皮膚が呼吸しにくい状態となり、肌に負担をかけてしまいます。
また、そのときの体調によって今まで普通に使用していた化粧品でも突然かゆみなどを起こしたりすることもあります。
最近では、アイメイクに力をいれるメイクが主流なので、いくつかのアイシャドーを重ね付けしたり、二重を形成する化粧品などでまぶたのかぶれなどを起こす方も多いのではないでしょうか。
まぶたは皮膚が薄くデリケートな部分です。
そのため化粧するときは、十分に気を付ける必要があります。
色素沈着の原因になる可能性もあるので、自分に合った化粧品を使い、このような症状を起こさないメイクの方法を実践していくことが大切です。

スポンサーリンク

もし、そういった症状を感じたらすぐに化粧品の使用をやめ、皮膚科で治療を受けることが大切です。
そのままにしておくと、さらに酷い状態になり色素沈着を起こしてシミになる可能性があります。
そういったトラブルを防ぐためにもステロイドを用いて短期間で治すなどの適切な治療を受け、しっかりとした対策で治していきましょう。
ステロイドを使用する際は、紫外線にも注意しましょう。
化粧かぶれを起こしてしまった場合の対処法としてはまず使用している化粧品の使用をやめて、自然派化粧品など低刺激性のものに変更するようにします。
できれば、治まるまでは化粧も控えるほうがいいと思います。
化粧かぶれは化粧の使用をやめることで悪化を防ぐことはできますが、一度かぶれてしまった ら何もしない状態だけではすぐには治りません。
その場合は皮膚科などで適切な処置を受けて、症状に合わせた薬を使用し短期間で治すことが大切です。
またそこで、何の成分が症状を起こしてしまった原因なのかを調べてもらうことによって、今後使用する化粧品を正しく選ぶことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加