肌 かぶれ 対処 顔

顔の肌のかぶれと対処法

スポンサーリンク

肌がかぶれる原因には、外的刺激物の接触が考えられます。
刺激のあるものに接触した時にかゆみや赤み、湿疹、ただれなどが生じます。
顔のかぶれの場合は、多くは接触性皮膚炎によるものです。
化粧水や乳液などのスキンケア、アイシャドウやマスカラ、口紅などのメイクアップ用品などで発症することが多いです。
顔は目や口など粘膜がある部位もあり、肌も敏感であることがあります。
敏感肌でなくても、季節の変わり目や体調を崩した時など免疫力が落ちている時はかぶれが起きやすいと考えられています。
前触れなく突然発症する場合が多いため、ほとんどの人は自分が使っているもので症状が出ているということに気づかないと言われています。
対処法としては、使っている化粧品やスキンケア用品、シャンプーやコンディショナーなども一旦使用を中止して低刺激性のものに変えることが望ましいです。
炎症を鎮めるために、スキンケアは低刺激性のものに変えて必要最小限のケアに留めます。

スポンサーリンク

症状が進行してしまうと、皮膚の回復が遅くなったりかぶれた部分に色素沈着が残る場合があります。
症状があるうちは日光に当てないように気を付ける必要があります。
洗いすぎに気を付け、保湿を心がけます。
クレンジングなどは使わず、出来るだけぬるま湯や刺激の弱い石鹸で軽く洗顔するのが望ましいです。
化粧品の使用を控えて、スキンケア用品を低刺激性のものに変えても症状が治まらない場合は皮膚科を受診する必要があります。
接触性皮膚炎を起こさないようにする対処法としては、新しい化粧品やスキンケア用品を使う前にその都度パッチテストを行うことです。
上腕の内側の皮膚の一部に、新しく使う化粧品などを少量塗って炎症が起きないかどうか確認する行為のことです。
パッチテストを行うことで、かぶれの発症を概ね防ぐことが出来ると考えられています。
内側に塗った化粧品に対して、痛みや痒み赤みなどの異常が見られなければ炎症が起きる可能性が低いということになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加