おでこ かぶれ 原因

おでこのかぶれの原因

スポンサーリンク

おでこのかぶれの原因にはいくつか考えられるものがあります。
化粧品による接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、アレルギーによるものがあります。
よく起きるのが化粧品や洗顔料などによるかぶれである接触性皮膚炎で、中に入っている成分が肌に合わないのが原因で起きたり、紫外線による影響や、肌の調子が悪いことなども考えられます。
症状としては肌にピリピリ刺激を感じたり、赤みやニキビ、腫れなどが出ます。
脂漏性皮膚炎は、おでこから鼻にかけてのTゾーンが脂っぽくなりニキビや赤みざらつきが出ます。
カビの一種である細菌が、皮脂の過剰分泌により増殖して肌に影響を与えます。
アレルギーによるものは、金属が多いですが、その他にも食べ物や花粉、ハウスダストなどでアレルギーが起きることもあります。
赤みとともに痒みを伴うことが多いです。
かぶれと言っても原因によって対処法はそれぞれ違ってくるので、その症状に合わせた治療を行う必要があります。

スポンサーリンク

接触性皮膚炎が考えられる時の対処法は、かぶれを起こしている原因になっている化粧品を除外することから始まります。
使用をやめて、症状が落ち着くまでは肌に優しい低刺激性のものに変えます。
刺激物を除去することで通常は症状が落ち着き、薬を塗ったり皮膚科に行く必要も無いですが治りが悪い時や悪化した場合は皮膚科に行く方が安心です。
新しい化粧品を使い始める時は、必ず二の腕の内側など皮膚が柔らかい敏感な部分でパッチテストしてみてから使うと化粧品によるかぶれを防ぐことが出来ます。
脂漏性皮膚炎の治療には時間がかかることや皮膚科に行ったほうが見た目的にも綺麗になるので、早めに皮膚科で処置してもらうほうが良いです。
皮膚科では抗菌薬や抗炎症剤が処方されます。
また、日常生活での対処法は油っこい食べ物はなるべく避けてビタミンB群を積極的にとること、睡眠をたっぷりと取ることを心がけます。
アレルギーの場合は刺激物を除外することで落ち着きますが、刺激物が何かわからない時は病院で検査してもらうべきです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加