手首 かぶれ 原因

手首のかぶれの原因とは

スポンサーリンク

手首がかぶれる原因には、金属アレルギーによる影響が考えられます。
腕時計やブレスレットを付けている場合になることがあります。
その他には、ゴム手袋の装着や衣類との摩擦によるものも考えられます。
ゴム手袋や衣類でも、化学繊維が使われていることが多く肌が敏感だと反応してしまい刺激となることがあります。
また、何か特定の植物に触った場合でも起きることがあります。
特にキク科、セリ科、ユリ科、キンポウゲ科などの植物でかぶれが起きる場合があります。
葉や茎から出る液に触れることで、触れた部位が赤くかゆみや痛みを伴って腫れます。
手首が荒れる原因には色々あるので、いつも使っている石鹸で急にかぶれを起こすこともあります。
自分に金属や化学繊維などのアレルギーが無いのであれば、植物や石鹸などを使っていないか、触っていないか確認する必要があります。
今まで一度もアレルギーが起きたことが無いという場合でも、その時の体調で起きる場合もあります。

スポンサーリンク

かぶれる時は、刺激があってから数分で症状が出る場合もあれば1日2日経ってから症状が出る場合もあります。
何が原因だと考えられるのか、日にちを遡って考えることが大切です。
原因がわからない場合は、症状が軽くても皮膚科で診てもらうことでどんな原因が考えられるのかわかることが多いです。
患部は触らずに痛みや痒みが強い時は冷やして、何も触れないようにします。
今まで使っていて問題が何もなかったものがアレルギーとなっている場合は、免疫力が落ちていることも考えられます。
病気をした後や疲れが溜まっていた後など一時的なものであれば、体力が戻れば回復することが多いです。
免疫力を日頃から上げるように訓練することで改善されることもあります。
免疫力を上げるには、発酵食品を毎日欠かさず摂ることです。
発酵食品を摂ることで腸内の細菌が増えて免疫細胞を鍛えることが出来ます。
加工食品やインスタント食品など、添加物が多い食事も控えるようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加