目頭 かぶれ 原因

目頭のかぶれの原因について

スポンサーリンク

目頭は鼻を挟んで左右にある、目の端の部分でまぶたが始まっている部分です。
目の周りの皮膚は薄く敏感な部位で、少しの刺激でも赤みが出たり腫れが出たりとデリケートです。
目頭がかぶれる原因は、多くの場合は洗顔時のこすり過ぎや皮脂の落とし過ぎ、保湿不足などによるものが多く、乾燥している場合が多いです。
洗顔時は自分でこすっている感覚が無くても、刺激を与えてしまっていることも多いです。
泡が不足していたりブラシなどグッズを使うことで肌が傷ついていることがあります。
他には、接触性皮膚炎が原因のかぶれも考えられます。
乾燥によって肌のバリア機能が下がることで、赤みや湿疹が出ることです。
金属やシャンプー、ヘアオイルなどあらゆるものが刺激物として考えられますが、多くは化粧品によるものです。
今まで使っていて大丈夫でも、ある日突然発症することもあります。
また、目周辺以外に体にも赤い発疹が見られる時はアトピー性皮膚炎の場合もあります。

スポンサーリンク

対処法としては、刺激になっているものの使用を一旦やめることです。
乾燥を招いている洗顔の仕方もやめるべきです。
赤みや腫れが酷い場合は、まずは冷やします。
一か所を長時間冷やし過ぎると、血液が滞って回復しにくくなるので、数分置きに冷やすようにします。
薄いハンカチを濡らして冷凍庫に入れて軽く凍らせたものを使うと良いです。
赤みや腫れがあるうちは、激しい運動やお風呂も控えた方が安心です。
かぶれると痒くなることもあるので、何も塗らない人が多いですがしっかり保湿をしないと余計乾燥していつまでたっても赤みや腫れは引かないです。
低刺激性の保湿剤を使って、粘膜に入らないように周辺の部位を保湿してあげると治りも良くなります。
特に洗顔後は乾燥しやすくなります。
洗顔する時はあまり洗い過ぎず、朝はぬるま湯だけで洗って夜だけ洗顔を使うなど石鹸を使う頻度も見直します。
ピーリングや角質ケアももちろん控えます。
ただし、浸出液が出ている時は、周辺にも影響を与えることがあるので皮膚科を受診すべきです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加