かぶれ 跡 消す 治療 方法 薬

皮膚のかぶれの跡を消す治療方法と薬

スポンサーリンク

皮膚かぶれの原因には様々なものがありますが、これらの様々な原因によって皮膚がかぶれてしまって、皮膚かぶれがたとえ治ったとしても、薄茶色にかぶれの跡が残ってしまうことがあります。
このかぶれの跡は、強い炎症や何度も繰り返す炎症を受けたことにより、体が炎症から皮膚を守ろうとしてメラニンを作り出し、それが色素沈着したものです。
生じたかぶれの跡は、炎症後色素沈着というもので、かぶれだけでなくやけどや虫刺され、ニキビなど、様々な皮膚の炎症が治った跡に起こるものです。
かぶれ跡の原因は、メラニンによるものです。
ですので、かぶれの跡をセフルケアで消す場合なら、美白化粧品や美白効果のある市販の治療薬を用いた治療方法が適しています。
治療薬等に含まれる有効な美白成分にはハイドロキノンがあります。
この美白成分「ハイドロキノン」が配合された化粧品などを用いて、毎日のお手入れにより治療をしっかり行うことにより、徐々に皮膚かぶれの跡を薄くしていくことができます。
しかし、紫外線は色素沈着を濃くしてしまったり、ハイドロキノンの効果を弱めてしまうことがあります。
したがって、かぶれの跡を消すために、ハイドロキノンが有効成分として含まれる治療薬等を用いて治療する以外にも、紫外線対策は十分に行うようにしましょう。

スポンサーリンク

病院で色素沈着を消す場合、ハイドロキノンが含まれた薬等を用いて消す以外の治療方法としては、レーザー治療、光治療、メディカルピーリングなどといった方法があります。
レーザーや光治療は専用の機器を用いてメラニンを破壊し、ターンオーバーと共に肌から沈着したメラニン色素を排出する働きをしてくれます。
レーザーは、直線的に進むという特性があり、また威力も高いために、濃い色素沈着であったとしてもピンポイントで消すのに向いています。
一方、光治療は光が拡散するという特性がありますので、広範囲の色素沈着を消すのに効果的な方法です。
メディカルピーリングとは、肌の表面を薬剤で溶かして色素沈着などを薄くしていく治療方法です。
薬剤を用いて、色素沈着を薄くしていく治療方法ですから、そうした意味では、こちらも薬を用いたかぶれ跡を消す方法です。
古い角質を取り除くことによってお肌のターンオーバーを促進して、新しい細胞の生まれ変わりを高める働きを持っています。
メディカルピーリングと一緒に、イオン導入等の有効成分を肌に送り込む治療を行えば、美白作用が高まりますから、より早くメラニン色素の沈着を消すのに役立ちます。
以上の方法ににより、薬やそれ以外の方法により、より早く皮膚かぶれの跡を消していくことができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加