妊婦 皮膚 かぶれ

妊婦は皮膚がかぶれやすい

スポンサーリンク

妊娠が分かると、新しい命を授かる事が出来た喜びで胸がいっぱいになります。
新しい家族が増えるにあたって、赤ちゃんグッツをいろいろと準備をしたり、名前を考えたり、妊娠期間中は赤ちゃんを迎えるための楽しい時間です。
しかし、妊婦になると今まではなかったような体調の変化も多く、戸惑うお母さんも多いようです。
妊娠初期から始まるつわりはよく知られている症状ですが、食の好みが変化したり、においに敏感になったり、鉄が相対的に不足することにより貧血になりやすくなったり、足などが浮腫みやすくなったり、妊娠中には様々な症状が表れます。
体調の変化だけでなく、ちょっとしたことですぐにイライラしたり、思わぬところで涙が出てしまったりと、情緒不安定になることもあります。
精神的な変化により自分だけでなく、夫や他の家族にまで影響することも考えられます。
こうした体や心の変化はホルモンバランスの変化によるものであると考えられています。

スポンサーリンク

あまり一般的でないかもしれませんが、妊娠中の皮膚のかぶれもよくある症状の一つです。
肌が荒れてしまう事以外にも、シミやニキビが出来やすくなったりすることもあります。
このような皮膚のかぶれにはどのような原因と対応方法があるのでしょうか。
肌荒れの原因として考えられているのが黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンです。
別名をプロゲステロンとも呼ばれており、女性の体が妊娠しやすいように子宮の環境を整えたり、乳腺を発達させる働きがあり、妊娠すると分泌量が増えます。
妊娠を維持するには欠かせない大切なホルモンなのです。
しかし、肌にとってはこの黄体ホルモンの増加は必ずしも良い事ばかりではありません。
皮脂の分泌を促進するため、ニキビが出来やすくなり、肌荒れの原因になってしまいます。
妊娠中の肌荒れは宿命のようなものなので、皮膚トラブルが悪化しないようにお肌のケアをしっかりと心がける必要があります。
まずはきちんと清潔を保つこと。
低刺激の石鹸やボディソープで洗い、その後はしっかりと保湿することです。
妊婦用のオイルなども市販されていますので、利用すると良いかもしれません。
また刺激の少ない下着へ変えることも解決策のひとつです。
また、ビタミンEやビタミンB類を補給することも肌トラブルの改善策として良いかもしれません。
あまり悪化する場合は医師に相談が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加