脇の下 かゆみ かぶれ

脇の下のかゆみとかぶれ

スポンサーリンク

脇の下のかゆみとかぶれには、いくつも原因があります。
アトピー性皮膚炎は、免疫が作用しなくなりアレルギーを起こす疾患ですが、慢性的な冷えが続いたり不規則な生活で自律神経が乱れると体が痒くなります。
脇の下はよく汗をかく部位ですが、しっかり汗を拭きとって適度に乾かさないと雑菌が繁殖してかゆくなります。
そのままかいたりすると皮膚が傷つき、細かい傷口に雑菌がついて肌の内部まで侵入するとかゆみやかぶれを引き起こします。
また、女性の場合は、ムダ毛処理のために脇の下の毛をカミソリで除去することもあります。
刃がさびていたり雑菌がついていたり、肌が敏感になっているとかぶれやすくなります。
除去後に保湿をしっかりしないと乾燥しやすくなり余計に皮膚が弱ります。
夏になると汗をかくことが多く、臭いの元となるので制汗剤を使う人も多いですが、制汗剤に含まれている成分でアレルギーを起こすこともあります。
汗を沢山かくことで皮膚が炎症を起こすあせもが原因となっていることもあります。

スポンサーリンク

アトピーの場合は皮膚科で処方された軟膏を塗り、保湿を心がけて乾燥させないようにし、清潔に保つようにします。
自律神経のバランスが保てるように規則正しい生活と適度な運動を習慣にします。
汗をかいたらそのままにするのではなく、清潔なタオルで拭き取るほうが良いです。
カミソリを使用する時は、刃が新しいものを、肌に傷がつかないように毛の流れに沿って使います。
力を入れないように優しく剃るようにします。
出来ればカミソリよりも電気シェーバーを使うほうが肌に優しいです。
制汗剤には低刺激性のものもあるので、なるべく肌に優しいタイプのものを使うと改善されることが多いです。
汗をかくとあせもも出来やすいですが、なるべく掻かないようにしてあまり痒い時は少し冷やすようにします。
かけばかくほどかゆみは増して皮膚が弱くなることからかぶれやすくなるので冷やして軽く叩くと良いです。
患部は温め過ぎないように適度に冷やして、お風呂よりもシャワーを浴びるほうが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加