顔 かぶれ 対処

顔のかぶれへの対処法

スポンサーリンク

顔のかぶれには、複数の原因があります。
それらを解説します。
最も多いのは「フェイスケア」に問題がある場合です。
これは、自分の肌に合わない化粧品や化粧水を用いていたり、洗顔フォームに含まれる成分の刺激が強いことなど原因であることがあります。
また、洗顔時に肌を強く擦ってしまっている場合や、髭剃りの程度が深くて肌が傷ついていたりして軽度の外傷を負っているときもあります。
このような場合には、皮膚科の医師に相談することが一番有効な対処法です。
人間の皮膚は複雑な構造をしており、その性質は医師がよく知っているためです。
肌に有効な薬効成分が含まれたクリームなどを処方してくれるケースもあり、普段のフェイスケアについての助言をもらえることもあります。
これによって、これまでの誤ったフェイスケアから正しい方法に変えることができます。
医師の助言ですので、医学的に根拠をもった処方・助言になりますので、安心して信頼することができます。

スポンサーリンク

しかしながら、見落としがちな原因もあります。
それは意外なところにあります。
その一つが、枕です。
枕は就寝時に肌に触れている時間が多く、肌への影響も無視できません。
枕カバーの生地が清潔でない場合、そこに雑菌が繁殖しそれが肌へ移り、顔の表面に付着した状態で活動を始めてしまいます。
肌は異物である雑菌を免疫の力によって撃退しようとします。
この免疫反応が「かぶれ」となって表れるのです。
特に小さなお子さんの場合、肌が非常に敏感ですので注意が必要です。
さらに別の要因もあります。
それは肌を拭くタオル類です。
前日に用いて選択していない不衛生なタオルを使っていたり、部屋干しで特有の悪臭がするものを使っていると、それが肌に悪影響を与えます。
顔の肌は他の部位の皮膚よりも敏感なので、同じタオルで水を拭いても腕や足には影響がないのに、顔にはかぶれが生じることがあります。
かぶれにはいくつかの要因があります。
医師への相談が有効な対処法ですが、それでも解決しない場合は枕やタオルなど直に触れるものを調べてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加