汗 かぶれ 首

首のかぶれは汗が原因か

スポンサーリンク

肌のかぶれはさまざまな個所で発症しますが、首も発症しやすい個所の一つです。
首の周辺は皮膚も薄く、バリア機能が傷つきやすいという特徴があります。
また汗や皮脂も分泌しやすいですし、アクセサリーや衣服、髪の毛などとの接触もあり、紫外線にさらされることもある個所です。
そのために乾燥やかぶれ、湿疹や皮膚炎、あせもなどの肌トラブルがよく見られます。
対処方法はその症状や原因によって基本的に異なりますが、病院での治療とは別に自宅でのセルフケアを実施するならば、どのような症状だったとしても基本的には患部をつねに清潔に保ち、保湿をしっかりして刺激を与えないようにすることが大切です。
そして本格的な治療に関しては、やはり病院で医師の判断による治療を実施することが良いでしょう。
自己判断でのセルフケアの場合、時には誤った方法などを実行してしまう可能性もありますので、そうなると症状が悪化してしまう危険性もあるために注意が必要です。

スポンサーリンク

病院での治療とともに実行したいセルフケアとしては、原因となる汗をこまめにタオルや汗ふきシートなどで拭き取ったり、シャワーで洗い流すことが基本ですが、外出先などでそういったことが難しい場合もあるので、そういった時にはガーゼやコットンといった汗をよく吸い取り、肌にも優しい素材のマフラーを首に巻くという方法もあります。
ちなみにこの方法ならば紫外線除けにもなりますし、おしゃれアイテムとしても十分活用して楽しむことが可能です。
他にも髪の毛が触れないように注意したり、ミョウバン水やベビーパウダー、ベビーオイルなどを使用するのも効果的です。
また西洋医学の病院の治療だけでなく、東洋医学の漢方薬を利用して、体質そのものを改善するという方法もあります。
このようにセルフケアや生活の工夫などでもさまざまな方法がありますが、やはりまずは病院の皮膚科を受診して、その症状に合った薬を処方してもらうのが一番基本的な治療方法だといえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加