かぶれ 跡 消えない

かぶれの原因と、もしそれらの跡が消えない場合の対処法

スポンサーリンク

かぶれができる原因は、大きく分けて二通りあります。
 ひとつは、刺激のあるものに触れることで起こる皮膚炎です。
原因の物質に触れたせいで、接触した部位に、痛みやかゆみが生じます。
こちらはせっけんや、洗剤などによる主婦湿疹も挙げられ、また、ガソリンやセメントを触る職業の人たちの職業性皮膚炎があります。
 もうひとつは、特定のものに対してアレルギーがある人が起こる皮膚炎です。
原因となる物質に触れて、2日前後にかぶれや、腫れといった症状が現れます。
女性ならば、化粧品の成分が合わずに、肌荒れしてしまうことなどの、過敏に肌が反応して起こることが挙げられます。
 これらには、早期の治療が重要となってきます。
痒くなっても掻かないことです。
掻いてしまうと、余計に痒くなるという悪循環に陥ります。
すぐに医者に行き症状にあった薬で対処しましょう。
長期間にわたり、慢性化してしまうと皮膚が厚みを増し、跡が消えないで残ってしまいます。

スポンサーリンク

 では、もしかぶれの跡はが消えない場合、どうすればいいのでしょうか。
 かぶれは、皮膚の炎症によりメラニンが分泌され、色素が定着することで跡が出来上がります。
このメラニンを消すことが必要です。
そのために、美白化粧品や、美白効果のある医療品クリームがおすすめです。
これらには、メラニンを薄めることができる、ハイドロキノンという物質が含まれています。
シミを予防するために有名な物質として、ビタミンCがありますが、ハイドロキノンはビタミンCよりも、10倍から100倍の効果が含まれるのです。
かぶれの跡をケアするのには十分と言えます。
ハイドロキノンは、跡がない部分に塗ってしまうと、白斑ができてしまう恐れがありますので、綿棒などで部分的に塗ることがおすすめです。
また、ハイドロキノンを塗って紫外線に浴びてしまうと、反対に跡が濃くなってしまう性質があります。
必ず、日焼け止めなどを塗って外出するようにしましょう。
 かぶれに悩んでいる人がいるならば、原因への対処や、その後のケアできれいな肌を維持してくださいね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加