目の下 かぶれ 原因

目の下のかぶれの原因とは

スポンサーリンク

目の下がかぶれる原因には、汗管腫が考えられます。
汗管腫は、目頭から下まぶたにかけて小さな出来物が出来る病気です。
一つだけ出来たり複数出来たりしますが、痛みも痒みもなく、赤くただれることがあります。
汗の通り道である汗腺がつまり、細菌が増殖してしまっている状態です。
他には稗粒種である可能性もあります。
稗粒種は、汗に含まれる成分が汗の通り道を塞いでしまい目の下がかぶれてしまうことです。
汗の排出がうまくされないことが原因で起きます。
汗が多く出る夏場に多くなり、乾燥しやすい冬場には発症率が低くなる病気です。
どちらの場合も、体質で発症することがありますがホルモンバランスの崩れや不適切な洗顔方法でも刺激を受けて発症することがあります。
汗腺がつまるのは、汗の過剰な分泌や汗をかいた後にしっかりと汚れを落とし切れていないことなどがありますが、強い日焼けによる影響もあります。
洗顔は優しく、汚れを落とし過ぎずに清潔さを保つようにします。

スポンサーリンク

また、目の下のかぶれはアイシャドーやマスカラなどアイメイク用品が肌に合わなかった時にも起きます。
普段使っているアイメイク用品で何も問題が起きなかったとしても、雑菌がついていて肌にほんの小さな傷でもあるとそこから菌が入り込んでかぶれることがあります。
アイメイク用品は何年も同じものを使うのではなく、出来れば1年以内に使いきるのがベストです。
何年も同じものを使い続けていると、それだけ菌も繁殖しやすくなります。
また、洗えるものはこまめに洗ってしっかりと乾かすことで雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。
かぶれが酷い時は、化粧品の使用は控えて皮膚科で相談します。
紫外線を浴びると悪化することがあるので、低刺激性の日焼け止めを薄く付けます。
かぶれの原因が全く分からない時は、一度自分の洗顔方法や使っている化粧品などを見直して改善する必要があります。
通常は、皮膚科で処方された薬を飲み、肌に刺激を与えないように過ごせばすぐに回復することが多いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加