毛染め かぶれ 治療

毛染めによるかぶれの治療

スポンサーリンク

毛染めによるかぶれの被害は年々増えている傾向にあります。
美容院で染めるよりも安価で手軽にできることから市販のカラーリング剤を買って自分で染める人も多いです。
染め方も簡単なので、多くの人が毛染めをしますが中には皮膚がかぶれて発疹や赤み、腫れなどが出る場合があります。
アレルギーに気づかずにそのまま使用を継続するとアナフィラキシーショックのような強い症状が出ることもあります。
症状は頭全体から、顔、耳や首周辺など広範囲に湿疹が出ることがあります。
むくみや浸出液が出ることもあります。
美容院でも、美容師に手湿疹などが出る場合があります。
その時の体調や体質によっては染めている間にピリピリと刺激を感じることがあります。
治療は、基本的にステロイドの塗り薬を患部に使います。
ステロイド薬にも強さのランクがあるので、症状に合わせてランクを選びます。
重度の場合の治療には内服薬を使うこともあります。
その他には保湿剤を使って患部を保護します。

スポンサーリンク

毛染めによるかぶれは、誰にでも起きる可能性はあります。
低刺激性の毛染めも市販されていたリ、美容院でもより肌に優しい薬剤を使用しているところも多いですが、実際に染める前に必ず一度パッチテストを行うほうが安全です。
かぶれを起こすほとんどの人が、アレルギーを持っていないからとパッチテストを怠っていると言われます。
パッチテストは、上腕の内側に2センチくらいの大きさの円を作るようにして毛染めの染料を塗ります。
塗ってから20分経ってから皮膚に異常がないかをチェックします。
もし、赤みや腫れ、湿疹などが出来ている場合はアレルギー反応が出ている証拠です。
その後、二日後にもう一度パッチテストを行い、更にその次の日にもう一度パッチテストを行い、合計で三日間のパッチテストを行って判断します。
一日目や二日目に異常が起きなくても、三日目になってから皮膚に何かしら異常が起きることもあるからです。
パッチテストは毛染めの前に必ず行うことでかぶれを予防することが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加