皮膚 かぶれ 治らない 対処方法

皮膚かぶれの症状が治らないときの対処方法

スポンサーリンク

かぶれとは、何らかの原因物質が皮膚に接触したときに、強い刺激やアレルギー反応が引き起こされることによって、炎症が発生してしまい、かゆみを伴う湿疹の症状がおきる病気のことです。
皮膚かぶれのことを正式には接触皮膚炎ともいいます。
かぶれの原因になるものは、多種多様で本当に様々な種類のものがあります。
かぶれの原因となるものとしては、具体的には、化粧品やアクセサリーなどの金属類、植物、洗剤などといったものが代表的です。
かぶれの症状として、皮膚に赤みがでたり、小さなぶつぶつ、水ぶくれなどが現れることがありますが、化粧品やクリームなど何かの商品などを使い始めてすぐに症状が出た場合は、原因を特定することが比較的容易です。
例えば、昨日から新しい化粧品を使い出した、という事実があれば、とりあえず、その新しく使いただした化粧品の使用を中止して、それをいったん使わないようにすることです。
その新しい化粧品の使用をいったん中止することによって、かぶれとそれに伴う赤みや腫れ、ぶつぶつ、水膨れなどの症状が治まれば、その化粧品が原因となって、皮膚かぶれを引き起こしていたことがわかります。
しかし、今までずっと使っていたものに対して、突然症状が現れたり、症状があらわれるまでに時間がかかる原因物質であったりすることもあります。
アトピー性皮膚炎が原因の場合もあるのです。

スポンサーリンク

しかし、皮膚かぶれの原因として、考えられる原因物質にこれといった心あたりがなく、市販の皮膚のかぶれに対する薬を塗ったりしてもなかなか治らない、という場合は、どうすればよいのでしょうか。
皮膚かぶれが治らないときにどうしたらいいかという対処方法として、適切な答えは、大変安直ですが、病院に足を運ぶことです。
原因は多種多様にありますし、薬もいろいろ売られていますが、自分に合ったものかどうかは素人判断でしかありません。
病院では、医師は、かぶれに関して多くの症例を持っていますので、その経験から様々な可能性を想定して原因物質を検討してくれることでしょう。
病院では、かぶれの原因になっているものを適格に診断したうえで、適切な治療を行ってくれます。
パッチテストを行ってくれる病院もあります。
パッチテストにより、どのような物質にアレルギー反応を起こすのか調べることができます。
このパッチテストを行ってくれる病院は、すべての病院ではないので、事前に病院、クリニックに問い合わせるなどして、調べていくことがお勧めですが、一度に22品目までは保険の適用もききます。
日頃使っている化粧品や日用品などでまとめてテストができるので、原因を特定しやすいでしょう。
病院では、治療薬も症状だけではなくライフスタイルに合わせたものを選んで処方してくれます。
治療中の症状を軽くするための生活に対してのアドバイスも併せて行ってくださいます。
このように、皮膚のかぶれがなかなか治らないと感じたときは、皮膚科クリニックなど専門の病院で相談し、総合的な治療を早く行うことが対処方法として得策です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加