かぶれ 医療用語

かぶれについて(医療用語・原因・治療について)

スポンサーリンク

一般的に「かぶれ」といわれる症状は,医療用語では「接触性皮膚炎」と言います。
湿疹の一種であり,何らかの外的刺激が皮膚に接触することによって,かゆみを伴う湿疹が生じる疾患です。
接触した皮膚には紅斑(赤いぶつぶつ)や丘疹(皮膚の盛り上がり)・水疱(内部に水をもつ湿疹)が生じ,接触部分と非接触部分の境界がはっきりとわかることが特徴です。
接触性皮膚炎には「刺激性皮膚炎」と「アレルギー性皮膚炎」という下位分類があります。
「刺激性皮膚炎」は,原因物質に触れることで発疹があらわれます。
原因が物質自体が持つ毒性などによるため,誰にでも起こりえます。
原因は,毒性のある植物や虫,強力な洗剤などがあげられます。
一方「アレルギー性皮膚炎」は,原因物質に繰り返し触れることで発疹が現れます。
身の回りにあるほとんどの物質が,接触性皮膚炎の原因となりえます。
そのため,原因は人それぞれであり,様々なものが原因となりえます。
原因として多いものは,ネックレスなどの金属装飾具・植物や化粧品,外用薬などがあげられます。
これらの症状をすべて含み,医療用語では「接触性皮膚炎」,一般的には「かぶれ」と呼ばれるものになります。

スポンサーリンク

治療方法としては,原因となる物質を突き止め,対象との接触を避けることが最も重要となります。
そのため,かぶれが発生した数時間前までさかのぼり,何か原因となりそうなことがなかったかを振り返ることが求められます。
また,アレルギー性のものは,「いつ」「どんな時に」「どこへ」湿疹があらわれるのかを,その都度記録しておくと,原因を突き止める重要な手掛かりとなります。
原因がわからないまま放置してしまうと,予防ができないだけでなく,重症化する可能性があります。
皮膚科でパッチテスト(かぶれの原因を調べる検査で,皮膚に原因と考えられる物質を貼り付け,皮膚の反応を調べる)を受けることによって,意外な原因が判明することもあるため,湿疹ができた際は,早めに皮膚科専門医への相談することが重要となります。
皮膚の炎症やかゆみに対しては,ステロイド外用薬の塗布と抗ヒスタミン作用のある内服薬が有効となります。
また,湿疹ができてしまった際のケアとして,幹部をなるべく書き壊さない,肌を清潔に保つことなどを心がけるようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加