銀杏 かぶれ うつる

銀杏かぶれは皮膚の他の場所にうつることがあるので注意

スポンサーリンク

皮膚のかぶれには、大きく分けて2通りの発症メカニズムがあります。
1つは、接触した物質そのものに毒性の強い成分や刺激の強い成分が含まれているケースです。
具体的には昆虫が出す毒液、洗剤や化粧品などに含まれる化学物質等がこれに該当し、接触することで誰にでも症状が起きる可能性があります。
もう1つはアレルギー性のケースです。
この場合は、接触した物質が体内にアレルギー反応を引き起こすことで発症します。
このタイプについては体質によって症状が出る人と出ない人がいます。
このうち、後者のアレルギー性のかぶれの中でも特に多いのが、植物を原因とするケースです。
最もよく知られているのが漆で、代表的な原因植物としてしばしば名前が挙がります。
その他、菊・アロエ・ヨモギなども炎症を起こしやすい植物とされています。
また、意外と知られていない原因植物が、銀杏です。
銀杏の実であるギンナンには、アレルギー反応を引き起こす成分が含まれています。

スポンサーリンク

ギンナンの実にはギンコール酸という成分が含まれていますが、かぶれはこの成分が引き起こします。
ギンコール酸は漆に含まれるアレルギー物質であるウルシオールと性質が似ているため、漆にかぶれやすい人は銀杏にも注意が必要だと言われています。
症状は多くの場合ギンナンの実と直接接触することで発生します。
地面に落ちたギンナンを拾ったり、皮を剥こうとしたりする際に果汁と触れることで発症するのが一般的です。
ただしギンコール酸は樹液や葉などにも少量が含まれているため、過敏な人であれば露出した肌がたまたま銀杏の木に触れただけで発症することもあります。
かぶれは接触後2〜3日してから具体的な症状となってあらわれるのが普通です。
顔や指先が赤く腫れたり、皮膚に水泡ができたりします。
かぶれた手で目や顔などを触ると他の部分に症状がうつることがあります。
そしてその部分を掻いた手でまた他の部分を触るとさらにうつるおそれがあるので注意が必要です。
症状が出た場合はできるだけ早期に皮膚科を受診します。
外用薬または内服薬によって完治が可能です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加