かぶれ 広がる

広がる皮膚のかぶれ…その対処法とは

スポンサーリンク

皮膚が炎症などを起こして広がる、赤みや腫れ、かゆみなどの異常が出る「かぶれ」ですが、そうなってしまう原因は一つではありません。
特定の食べ物を摂る事で口周りや皮膚に異常が出る場合や、汗をかいた状態で放置した結果、その箇所が蒸れて雑菌が繁殖してかぶれるなどがありますが、その他にも体質的にかぶれやすいアトピー性皮膚炎なども挙げられます。
そして適切な処置をしなかったり、かゆいからと掻きむしったりしてしまうと異常がある箇所が広がってしまう場合があるのです。
一度広がってしまうと、完治するのにも時間がかかります。
既に赤みが広がってしまった場合やなかなか治らない場合はどんな処置をすればいいのでしょうか。
まずはどんな場合のかぶれでも、皮膚科に行って診察を受けるようにしましょう。
「病院に行くほどじゃないから」と自己判断で放置したり、とりあえずの急場しのぎで市販の薬をよく分からないまま使用し続けたりする事はあまり良くないと言われています。

スポンサーリンク

市販の薬にはよく「ステロイド不使用」と書かれたものが売られています。
皮膚科で処方される薬にはステロイドが入っているからあまり使いたくないという方も多いと思いますが、そもそもステロイド自体は悪いものではなく、適切に使えば早めに炎症を抑える事が出来るものなのです。
弱い効果の薬を使い続けてなかなか治らないというのは本末転倒です。
全体に広がるほどひどい状態になってしまっている場合は、ステロイド入りの薬を使用した方が治りも早くなるとされています。
ただ、べったりと塗るのはあまり良くありません。
薬は全体に薄く伸ばす程度にして、その箇所が清潔に保たれるように上からガーゼなどを当ててテープで止めるようにするといいでしょう。
そして、お風呂に入る際には石鹸やシャンプー、洗顔料などのすすぎ残しがあるとそれが刺激になる場合があるのでしっかりと流すようにします。
摩擦がかかる事も良くありません。
擦らないようにぽんぽんと柔らかいタオルで水気を取り、清潔な衣服を着る事が大切です。
そして夏場などの発汗しやすい季節には、こまめに汗をふき取るようにしましょう。
かぶれを治すには適切な処置に加えて、雑菌が繁殖しないように肌を清潔に保つ事も大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加