まぶた かぶれ かゆみ

まぶたがかぶれてかゆみもある場合の原因と対処法

スポンサーリンク

まぶたにかゆみがある、かぶれている、といった経験がある方は少なくないのではないでしょうか。
目の周りの皮膚は、敏感で薄く、傷つきやすいという特徴を持っています。
症状を放っておくと、目の周りが赤みがかったりするなど、周りから指摘されるほどに悪化する場合があります。
そのため、きちんとした原因を知ることが大切です。
女性に多いのは、目の周りにするメイクが原因となる場合です。
特にアイプチなど、まぶたに直接のりを塗ったりテープを貼ったりするメイクの場合、刺激が強く、肌が強い人でも、かぶれてしまうことが多くあります。
また、メイクの落とし残しによってアイシャドウなどがきちんと落ちていない場合、化粧成分が皮膚に沈着してしまい、かゆみの原因となります。
また、もともとアレルギー体質の人は、日差しの強い場所に長時間いたり、埃っぽいところにいたりすると、皮膚が赤みがかったりかゆくなったりします。
特に目の周りは皮膚が弱いため、そのような症状になることが多くあります。

スポンサーリンク

では、そのような症状が起きた場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。
まず第一に、「絶対に手で目の周りをかかないこと」があげられます。
手には日常的にたくさんのばい菌が付着しています。
こすることによって、目にばい菌が入り込み、より悪化したり、目が痛くなったりする原因となってしまいます。
一番の対処方としては、ドラッグストアなどで売っている市販のかゆみどめを塗布する、ということがあげられます。
症状によって種類は様々あり、最近では、殺菌作用の強い液状のタイプの商品も売られていて、ガーゼなどに染み込ませ使用することができます。
かぶれよりもかゆみがひどい、といった場合は、そのタイプがオススメです。
注意する点は、ステロイドの入っていないタイプを選ぶという事です。
ステロイド系の軟膏は、症状を悪化させてしまう恐れがあります。
薬局できちんと症状を伝え、適切な薬で治療をすることが必要です。
また、どうしても我慢できない、かぶれがひどい場合には、眼科か皮膚科を受診し、早めの治療を行うことが完治への近道となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加