化粧 かぶれ 治し方

化粧でかぶれた肌を治していくその治し方

スポンサーリンク

化粧をする人の中には肌の弱い人も存在しています。
しかし仕事などの関係上化粧をしなければならないこともあり、肌が弱くてもファンデーションなどつけなければなりません。
そして化粧を落とすためのクレンジングオイルで肌を荒らしてしまい、ひどい人の場合はかぶれてしまうこともあります。
かぶれた場合はあまり化粧をしないほうが良いといわれているのですが、仕事でそういうわけにもいかない人はかぶれたままファンデーションをつけて出かけることもあり、そのような人は意外と多いものなのです。
せめて少しでも荒れた肌を治すことができるように治し方はないのか、その方法を探している人も多くいます。
本当にひどくなってしまえば皮膚科に診てもらい、かぶれを治すための塗り薬を処方してもらうこととなりますが、そこまでひどくならないようにするには肌をケアできる治し方を取り入れることが必要です。
その方法の1つにファンデーションにクリームを混ぜることが良いです。

スポンサーリンク

自分の肌に合った保湿クリームとリキッドファンデーションを混ぜるのです。
それを肌につけて化粧をすることで肌に負担をかけずに保湿を保ったままファンデーションをつけることができるようになります。
そしてクレンジングをした後の肌のケアも大事で、ワセリンをつけることでかぶれを治していくことができるようになるといわれています。
ワセリンとは保湿剤が添加されていない油そのもので肌にやさしいものです。
もし顔につけるのであれば白色ワセリンという種類が良いといわれています。
しかしよくクリームなどたっぷりつけると効果があるといいますが、ワセリンの場合は少量でよく耳かきで1杯か2杯ほどすくう程度の量で良いのです。
つけすぎることで空気中にまう埃がついてしまうことがあり、肌を悪くさせることがあります。
化粧水をつけたあとにワセリンをつけることで水分が逃げないように肌を保護することができるのでかぶれを治すには無添加のワセリンが効果があるといわれています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加