口の周り かぶれ 原因

口の周りのかぶれの原因

スポンサーリンク

口の周りのかぶれの原因は、紫外線によるもの、化粧品や塗り薬によるもの、生理や妊娠などホルモンバランスの崩れによるもの、ステロイド薬の長期間の使用による副作用などがあります。
口の周りには赤い湿疹がいくつも出来てかゆみや腫れが出ることもあります。
皮膚の一部の皮が剥げてかさぶたになることもあります。
ステロイド薬の副作用によるものの場合、熱があるようなほてりが感じられることが多いです。
かぶれが起きたら、化粧で隠す人も多いですが原因が化粧品の場合症状は悪化することがあるので化粧はなるべくしない方が良いです。
塗り薬を不適切に使っても悪化することがあるので、症状が出た時点ですべての塗り薬の使用をやめて、化粧品も最小限にします。
ステロイドによる副作用でかぶれが起きている場合は、すぐに使用を止めますが回復するのに数カ月と時間を要することもあります。
なるべく考えられる刺激物を取り除き、生理や妊娠などホルモンバランスが原因であれば一時的なものなので様子を見ます。

スポンサーリンク

症状は、赤色の凸凹のような湿疹ができる為ニキビに良く似た見た目をしています。
原因が不明であることも多いです。
抗生物質を服用することで症状は改善されますが、治りが悪い時はニキビ薬を併用することで治りが良くなることもあります。
オイルや乳液などの保湿剤で保湿すると悪化することがあるので、ジェル状の水分が多めの保湿剤を使うようにします。
秋冬は乾燥しやすいので、多めに保湿剤を使います。
皮膚科を受診して処方された薬を決められた期間しっかり服用して、必要に応じて塗り薬も使えば治りは良く1カ月くらいあれば完全に治ってしまいます。
あまり長い間様子を見てから病院を受診するよりも、早い段階で受診したほうが治りも早くなります。
野菜を中心とした食生活を意識して、油っこいものが多い食事は控えるようにします。
原因がわからない場合は食事や化粧品、自分の習慣などすべて見直して少しずつ変えられるものから変えていくことで症状が落ち着く場合が多いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加