化粧 かぶれ 症状 治し方

化粧かぶれの症状と治し方について

スポンサーリンク

化粧品を変えたとたんにかぶれや赤みが出たりすれば、原因がすぐに解り、使用を中止して症状が軽ければセルフケアで治すことができます。
しかし、同じ化粧品ををずっと使っていても、ある日突然に、肌にトラブルが生じてしまって、その生じたトラブルがいったいどの化粧品が原因で引き起こされたものなのかがいまいちよくわからないという場合もあります。
化粧品による肌トラブルとして、かぶれの症状がでる場合に、人によってどのような症状がでるかは個人差があり、まちまちです。
たとえば、肌が赤くなったりかゆみが出たり、発疹が出る、腫れてしまうなど、人によってさまざまに症状は違っています。
化粧品による化粧かぶれの症状を早く治すためにも、「所詮、軽症のただのかぶれ」などとたかをくくって侮って放置していてはいけません。
できるだけ早いうちに病院へ行って、適切な治療を受けるのが大切です。
化粧品には様々な化学物質が使われています。
たとえば、香料やアルコール、着色料などといった物質です。
これらの化粧品に含まれる様々な化学物質のなかには、接触性皮膚炎を招きやすい物質が入っています。
たとえ、長年使っている化粧品であっても、ある日突然アレルギーになってしまう場合があります。
化粧品かぶれに対して、間違った治し方をしてしまうと、かえって症状が長引くとシミができたりします。
跡やシミが残ってしまうのは、美容上もよろしくありませんし、できるだけ早いうちにまずは病院で診てもらうというのが重要です。

スポンサーリンク

化粧かぶれの治し方のコツは、まず、使用している全ての化粧品の使用を中止するのが大切です。
化粧かぶれの直接の原因になっていると思われるものはもちろん、直接的なかぶれの原因になっていないと推測される化粧品であっても、かぶれやかゆなどの症状が良くなるまでは使わない方が良いでしょう。
そもそも、メイク自体が化粧品によるかぶれの症状を悪化させる原因になってしまいますから、極力行わないのが最適です。
また、病院へ行っているなら、医師から処方された薬などを塗って指示に従うのが大切です。
どうしても肌が乾燥してしまう場合には、ワセリンやスクワランオイルなどの肌に刺激を与えないもので保湿をすると効果的です。
洗顔する時にも、洗顔料を使わないようにするのがよいです。
なぜ洗顔料を使わないようにするかというと、やはり、肌に極力刺激を与えないという視点からです。
化粧かぶれの症状が改善してきて、肌の状態が良くなり、お手入れができるようになってから、スキンケアやメイクを再開するようにしましょう。
そして、化粧品を使用する前にはパッチテストを行ってみて、異常がないかどうか確認してから使うようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加