かぶれ 応急処置 冷やす

かぶれの応急処置は冷やすのがおすすめ

スポンサーリンク

肌は、デリケートなので、様々な原因でトラブルを起こしてしまう事があります。
肌のトラブルの中の1つのメジャーなものとして、かぶれの症状があります。
このかぶれの症状は皮膚に痒みがはしり、ぼつぼつと湿疹や腫れが症状として見られ、時として赤みや熱を持つこともあります。
かぶれの症状が出てきた場合には、痒くて痒くて、ついついかぶれの症状の現れている患部の皮膚を掻いてしまいますが、掻いてしまうと余計に痒みが強くなってしまい、より症状が悪化してしまうことがあります。
かぶれが起きる原因には、様々なものがりますが、外部から刺激を受けることによって起こります。
洗剤や化粧品、貴金属や自分の汗、髪の毛や植物など原因として考えられうるものはとても沢山あります。
自分はどのような原因物質が災いして、かぶれの症状が出てしまうのかを知っておくと防ぐことができるのです。
このように、外部からの刺激によって症状が出てしまうのは、肌のバリア機能が低下していることが原因となっています。
バリア機能が低下すると肌を守ることができなくなってしまい、外部刺激に弱くなってしまうのです。

スポンサーリンク

かぶれの症状が皮膚に出てしまうと、痒みが強く赤くなったり湿疹がでてきたりします。
人によって、個人差がありますが、時には、とても痒みが強くなってしまい、ぼりぼりと掻いてしまうと熱を出すようになり化膿してさらに悪化して広がっていきます。
そのような発熱や化膿を伴った悪化した状態を放置してしまうと完治が遅くなり跡が残る場合もあります。
このようなかぶれの症状に対処する治療方法としては、痒みを抑える薬を使うのが効果的なのですが、家に薬がない場合もあります。
そのような場合には、応急処置を講じましょう。
夜中など痒くて眠れない場合には、かぶれに伴うかゆみや発熱などの症状に対して、応急処置として、氷などで患部を冷やすと痒みや熱を抑える事ができるのです。
身体が温まることによって痒みが強くなる事も多いので、かぶれの症状がでている時は長湯などは避けてシャワーをさっと浴びる方が症状を抑えることができます。
冷やすことによってそのまま症状が落ち着く場合も多いのです。
当面の応急処置としては、お伝えしたように、患部を冷やすことがよいのですが、痒みが落ち着いたからといってそのまま放置せずに、一度病院で検査を受ける方が安心です。
まずは、はやめに皮膚科のクリニックを受診して医師の診察を受けるようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加