オムツかぶれ 予防 ベビーオイル

ベビーオイルでおしりを清潔にしてオムツかぶれ予防しよう

スポンサーリンク

赤ちゃんのオムツかぶれの原因は一つではありません。
赤ちゃんのおむつかぶれの症状は、さまざまな要素が絡み合って、複合的な原因から起こります。
赤ちゃんのおむつかぶれを引き起こす一番の原因は、おしっこやうんちによる刺激ですが、オムツの中の環境も大いに影響があります。
おしっこは、肌を刺激する成分を含んでいるので、時間が経つほど皮膚にダメージを与えやすくなります。
うんちは大腸菌などの腸内細菌がいっぱいです。
オムツの中で放置していると刺激が強いのですぐにオムツかぶれを起こしてしまいます。
汗やムレもかぶれを起こしやすいです。
赤ちゃんが元気に活発に動き回ると、おしりにも汗をかきます。
そして、ムレてふやけた赤ちゃんのおしりの皮膚は、傷がつきやすく排泄物の刺激を受けやすくなります。
赤ちゃんのおしりを拭く時のこすれも原因になります。
デリケートな赤ちゃんのお肌ですから、そこまで意識的に強くこする人もそうそういないと思います。
しかしながら、赤ちゃんのおしりをふくときに、そんなに強くこすったつもりはなくても、目には見えない傷がついたりしてそこから炎症を起こしたりします。
赤ちゃんの肌は薄くてデリケートなので傷がつきやすいです。
カビが原因で起こるオムツかぶれもあります。
オムツの中はカビが繁殖しやすいので、かぶれがなかなか治らない時にはカビによる皮膚炎を起こしている可能性もあります。
ゆるい便が何回も出ている時や下痢の時、外出の時や夜間など長時間オムツを替えられない時は特に注意が必要です。

おしりを拭いたら痛がって泣いたり、お風呂でおしりにお湯をかけたら激しく泣いたり、おむつをはずした時にかゆがっておしりに手をやったら、かぶれが起こり始めたサインです。

スポンサーリンク

オムツかぶれは事前に予防することが一番の対策です。
予防するためには、原因物質を遠ざけることが一番です。
また、赤ちゃんのおしりにおむつかぶれが起こってしまってからの対処方法としても、予防と同様です。
赤ちゃんのおむつかぶれの対策の基本はこまめにオムツを替えることです。
オムツをこまめにこうかんすることが、対処方法としても予防方法としても有効なのです。
オムツを頻繁に交換しないとオムツの中の水分や湿気で肌がふやけてデリケートな状態になりダメージを受けやすくなります。
次におしりを優しく拭くことが重要です。
赤ちゃんのおしりをゴシゴシこすってしまうと、赤ちゃんの繊細な肌が傷つき、そこから雑菌が入りかぶれの原因になってしまいます。
下痢の時は刺激が強いので石鹸をつけてシャワーで洗い流してあげるのがいいです。
シャワーが使えない時はぬるま湯で濡らしたガーゼで優しく拭いてあげるとこびりついたうんちも取れやすくゴシゴシこする必要もないので肌に負担をかけません。
やわらかいコットンにベビーオイルやオリーブオイルをしみこませて優しく拭いてあげるのもおすすめです。
滑りがよくなるのでうんちが取れやすく摩擦でおしりを傷つけることもありません。
元気に動いた後や暑い日はたくさん汗をかきオムツの中も蒸れています。
オムツを替えてあげたり、しっかり拭いて乾かしてからオムツをはかせて清潔な状態を保ちましょう。
赤ちゃんのおしりを清潔に洗ったら、すでにオムツかぶれをしている患部の皮膚や、これからオムツかぶれをひき起こしそうな皮膚の部分に薄くワセリンを塗ると、汚れから皮膚を守りかぶれにくくします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加