新生児 おしり かぶれ 対処方法

新生児のおしりかぶれの対処方法

スポンサーリンク

新生児というのは、生後0〜1ヶ月未満の赤ちゃんのことです。
新生児はまさに生まれて間もない赤ちゃんですが、皮膚がとても弱いです。
生まれて間もないために、まださまざまな刺激にさらされていないので、皮膚がとても弱いのですね。
ですので、ちょっとしたことで、新生児の赤ちゃんの皮膚は、すぐに赤くなったりかぶれたりしてしまいます。
新生児の赤ちゃんは、よだれで口元がかぶれたり、排便でおしりがかぶれたりする事はそう珍しくありません。
むしろ新生児のかぶれの症状は当たり前に、よくあることです。
特におむつかぶれは誰しも一回は経験するのではないかと思われるほど、ほとんどの赤ちゃんは経験します。
新生児の赤ちゃんのおしりかぶれでは、赤みがあるケースから赤くただれてしまい、じゅくじゅくした状態になるケースまで幅広く症状が見られます。
親御さんにおかれては、初めてのお子さんの場合は特に知識が少ないため、おしりが赤くただれてきたと慌てて小児科へ連れて行くケースが見られます。
しかし、赤ちゃんは免疫力が低い為、逆に小児科で風邪やウイルスをもらってきてしまう事も少なくはありません。
おしりかぶれを治すためだからといって、小児科にかかって、ほかの風邪などの病気にかかってしまっては本末転倒です。
そこで、新生児の赤ちゃんのおしりかぶれを治すためには、正しい知識や対処方法を調べて、事前に知っておくことがよいでしょう。
まずは、小児科のクリニックに電話をして、受診の必要があるかどうかを尋ねてみるのもよい方法かもしれません。

スポンサーリンク

おむつかぶれは新生児だけではなく1歳になる頃まで続きます。
赤ちゃんのおむつかぶれの原因はおむつにこもる水分や大便です。
母乳や粉ミルクを主食としているまだ月齢の若い赤ちゃんは排便の回数や尿の回数も多いです。
特に新生児は飲んだら出すという、排便のサイクルです。
そのため、1日に10回以上もおむつの交換をしなければなりません。
その、おむつ交換の際に強めに拭いてしまったり、おむつ交換の間が空いてしまったりして、尿や便がおむつ内にあるまま長時間が立ってしまったりすると、新生児の赤ちゃんの皮膚は、デリケートで弱いために、すぐに赤くなり、そのまま放置していると状態がさらに悪化していきます。
新生児の赤ちゃんのおしりかぶれへの対処方法としては、排泄毎にこまめにおむつを交換してあげる事、汚れたら洗って乾かしておむつを履かせる事が挙げられます。
一番の対処方法は患部を清潔にしてあげる事です。
患部を常に清潔に保つことによって、新生児の赤ちゃんのおしりかぶれの症状は、徐々に改善されていきます。
患部がじゅくじゅくになり、化膿し始めている場合は、上記に様に清潔にした上で薬を塗ってあげると良いでしょう。
薬は状態によって違うので、必ず小児科で処方してもらいましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加