おしり かぶれ 薬 大人

大人のおしりのかぶれに効く薬と対処法

スポンサーリンク

お尻がむずむずしてすごくツライのがおしりにできたおしりかぶれです。
おしりかぶれは、場所が場所だけでになかなか人にはなかなか相談できないと一人で悩む大人の方も多いものです。
しかし、おしりかぶれでは、かぶれの症状として、かゆみが酷くなると、じっとしていることも困難になりますし、夜も眠れないことにもなってしまったりと、様々なシーンで大変ななかなかやっかいな代物です。
大人のおしりかぶれを治す対処法としては、薬を用いて対処するのも大切ですが、まず生活習慣からの改善も考えたほうがいいです。
おしりかぶれのかゆみを引き起こす原因として考えられるのが、日常生活から考えられる原因です。
たとえば、便の拭き残しがある、汗でムレる、疾患によるもの、接触性皮膚炎(かぶれ)、ぎょう虫症、外陰膣カンジダ症、尖圭(せんけい)コンジローマ、痔、皮膚癌です。
毎日の排便時に、おしりに付着した大便をしっかりと拭きとれていないと、お尻のまわりに汚物が残ってしまって、かゆみを引き起こします。
また、すべて便を出し切っていないと直腸に便が残っているために、肛門の内側にむずがゆさを感じるようになります。
汗で蒸れるとおしりの肌を刺激し、かゆみや炎症反応を引き起こしてしまいかねません。
おしりの環境を清潔に保つために、トイレのあとにはウォシュレットを使ったり、おしりふき用のシートを使ったりするなどして、拭き残しがないようにするのがおすすめです。
お尻用の洗浄剤でさらに清潔に保つのも効果的です。

スポンサーリンク

おしりのかぶれは、皮膚病ではないので人にうつることはありません。
おしりのかぶれは、身体の内側からではなく皮膚の表面を自分で掻き毟ってボロボロにしてしまい、傷ついた皮膚に便や汗がついて、肌が傷つき慢性化してしまったものです。
お尻にあたる生地(下着)や、女性なら生理用品、洗濯洗剤の洗い残し、シャンプーやコンディショナー、入浴剤などが肌に合わないという可能性もありえます。
もし、急におしりのお肌にかゆみを感じるようになったら、その前後で何か変えたかを思い出してみてください。
もし、おしりかぶれが起こった前後で何か変えたことがあれば、それが肌に合わずにアレルギー反応を起こしていることも考えられます。
上記の方法、つまり、体質、お肌に合わなかった用品を遠ざけることを試してみても、改善されずにさらにひどくなるようなら、ステロイド系の塗り薬を使用します。
「ステロイド」と聞くと、むやみに敬遠される方もいます。
しかしながら、しっかりと正しく使用方法を守って使いさえすれば、副作用も少なく、大人のおしりかぶれにも高い効果が得られます。
おしりかぶれを治療するにあたって、塗り薬を使ってかゆみがなくなっても自己判断でやめるのは対処方法として適切でありませんので、厳禁です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加