子供 おしり かぶれ 薬 ワセリン

子供のおしりかぶれの薬にはワセリン

スポンサーリンク

子供のおしりかぶれって、とてもかわいそうですよね。
おしりが痛々しく赤くなって腫れてしまっていて、苦痛を感じている子供の姿を見ると、おしりかぶれに心を痛めて悩む親も多いです。
特に、オムツがまだはずれていない1歳になる前くらいの赤ちゃんは、おしっこやウンチの回数も多いので、どうしてもおしりのかぶれを引き起こしてしまいやすいものです。
肌が赤くなる程度ならまだいいのですが、悪化してしまうと赤ちゃんの機嫌も悪くなりますし、できる限り早く治したいですよね。
夏になると、やはり湿度が高いので、特にオムツの中がむれてしまうのか、どんなに気をつけていてもかぶれてしまうことがあります。
子供は就寝中に汗をよくかくので、そのせいで悪化してしまうこともあります。
また、ウンチの処理が遅れて、おむつやパンツの中にウンチを放置したままにしていたりすると、おしりの汚れをふき取る際にしっかりふき取らないととれなくなったりしてしまいます。
しっかりふき取っておかなかったり、そのまま放置してしまって居たりすると、肌の弱い子だととたんにおしりの部分が赤くかぶれてしまいます。
おしりかぶれを放置すると、ウンチやおしっこのときに子供が痛がってしまい、親としてもとても心配ですよね。

スポンサーリンク

そんな時、おしりかぶれを早く治すためにお勧めしたい子供のおしりかぶれの薬が、ワセリンです。
ワセリンは、薬局などでとても安く簡単に手に入りますので、是非探してみてください。
ワセリンは皮膚に油の膜を張るので、角質層の乾燥を防ぐ効果があります。
使用方法は、子供のオムツ替えの際に、おしりふきシートで汚れをふき取った後にたっぷりめにワセリンをおしりに塗りこみます。
そうすると、次回ウンチをしたときにも力を入れないでするっと汚れがおちるんです。
ワセリンの油分がウンチがこびりつくのを防いでくれます。
毎回そうやってやさしく汚れをふきとりワセリンをぬっていくことで、自然とかぶれがなおることが多いんですよ。
ワセリンは、厳密には薬とは言えないのかもしれませんが、子供のおしりかぶれの大きな原因でウンチから皮膚を守りつづけることによって、おしりかぶれの症状が改善され、治っていきますので、子供のおしりかぶれに有効な薬といってもよいのではないでしょうか。
ウンチがついて不潔になることがよくないからと、必死にシートで汚れを取ることで、よけい刺激になってしまって悪循環になることもあるのですが、ワセリンを塗っておけば不必要な力をこめて拭くこともなくなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加