皮膚かぶれに効く薬

皮膚かぶれに効く薬(塗り薬と内服薬)

スポンサーリンク

皮膚かぶれに効く薬について、まずは塗り薬を紹介します。
塗り薬には、主に、ステロイド外用剤と非ステロイド性抗炎症外用剤があります。
一般的に、主にステロイド外用剤は症状が特に酷い場合に使用します。
また、このステロイド外用剤は皮膚のかぶれや湿疹以外の場合にも、利用することが可能となります。
具体的に、どんな症状の時に使用するかといいますと、虫刺されやしもやけ、あせも、ただれ等に使用することができます。
このステロイド外用剤の塗り薬のメリット・利点としては大変早く治るため悪化する前に早めに完治できる点にあります。
しかしながら、デメリットとして皮膚が弱い方は使用に関して注意が必要となります。
つまり、副作用の症状が出てしまうことがあるのです。
ステロイド外用剤の塗り薬を使うことにより、副作用のデメリットがあることから、非ステロイド性抗炎症外用剤は敏感な方でも、使用できる塗り薬としてより比較的安心して使用することできます。
また、広範囲への使用や長期間の使用も可能ですので、汗腺部分においても使用できることにメリット・利点があります。
しかしながら、炎症を抑えるという根本的な解決とはなっていないことがデメリットです。
そのため、初めのうちはステロイド外用剤の塗り薬を利用し、症状が治まってきた段階で非ステロイド性抗炎症外用剤に切り替えることが最も適切な塗薬の使用方法でしょう。

スポンサーリンク

次に皮膚かぶれに効く薬として、飲んで服用する薬、つまり内服薬を紹介します。
この皮膚かぶれの内服薬は、特に炎症が酷くて塗り薬を使用することができない場合やかゆみが酷い場合に、塗り薬と併用して使用していきます。
内服薬としては、抗ヒスタミン剤を使用します。
この抗ヒスタミン剤はかゆみの原因となるヒスタミンを抑制することによって、かゆみを抑える効果があります。
また、患部が細菌感染している場合には、抗生物質を内服する場合があります。
この抗生物質により、細菌を死滅させる効果があるため、他の合併症を防ぐことに有効となります。
それに加え、近年では、以前は内服的に摂取してきたこの抗生物質を配合したステロイド外用剤が販売されています。
そのため、細菌による炎症を抑えながら、皮膚組織の回復も促してくれることが期待できます。
このことによって、より早い治療が可能となっています。
このように、皮膚かぶれに効く薬には、塗り薬、内服薬などなど様々な種類がありますので、自分の症状や体質に合ったものを選び使用することが大切となります。
皮膚かぶれの場合には、皮膚科のクリニックを受診するのが適切のですので、早めに最寄りの皮膚科クリニックにかかって、医師の診察、判断を受けて、早期治療をしていくようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加