目の周り かぶれ 症状 原因

目の周りのかぶれ症状の原因

スポンサーリンク

目の周りにかゆみや腫れを伴うかぶれができるとやっかいです。
目の周りにできるかぶれの原因としてよく言われることは、アトピー性皮膚炎です。
一般的には、腕や足などの内側の柔らかい部分がアトピー性皮膚炎により、かぶれて痒くなることが多いものですが、意外にも、目の周りにもアトピー性皮膚炎として、かゆみや腫れを伴うかぶれの症状が発症することがあります。
実は、この目の周りの部分というのは、そのほかの体の部位に比べて、皮膚がとても薄くできているので、とてもデリケートに作られているからなのです。
そのため、アレルギー反応や炎症などのかぶれの症状を起こしやすいと言えます。
また、腕や足などのアトピーを引っ掻いた手で目を触るということがあります。
これは子どもの場合、どうしても無意識にやってしまうものです。
特に寝ている間に、やってしまうことが多いことから、いつの間にか、目の周りがかぶれてしまうことになるわけです。
腕や足に比べると、皮膚が薄い分、痒みなどを我慢することは難しいものがあります。
そのため、なかなか短期間に治ることは難しく、症状がおさまらず治りにくい部分と言えます。
なかなか状態が良くならないというのであれば、できるだけ早めに皮膚科や眼科などの病院の医師を訪ねてみましょう。
そして、専門の医師の診察を受け、医師の指導のもと、治療を受けるのが安心です。

スポンサーリンク

目の周りのかぶれの原因には様々なものがあります。
多くの場合、何らかのアレルギーが発症したと考えた方がいいかもしれません。
かぶれる前には、何かしらの原因となる物質に接触していることが多いですから、目の周りにかぶれの症状がでてしまう前に、どんなことがあったのか、今一度、思い出してみることをお勧めします。
例えば、漆に触ってしまったということなどが挙げられます。
漆は、皮膚かぶれを引き起こす植物として有名です。
たとえ漆に触ってしまっていたとしても、漆をさわった手をしっかりと洗えば問題ないと思われがちです。
しかし、しっかり漆の成分を落としきれていない手で、他の部位を触ることで、痒みや腫れを伴うかぶれの症状を発症させてしまうことがあるのです。
特に、目の周りは皮膚が薄くて弱いため、他の部位では大丈夫でも、この部位だけは痒みなどが発生しやすくなることがあります。
どんなアレルギーがあるのか知りたいという場合には、病院で採血をしてアレルギー検査を受けてみるといいかもしれません。
病院で採血をして検査を受けていると、意外なアレルギーがあることが分かることもあります。
例えば、猫アレルギーなど、動物の毛が原因となることもあります。
思いもよらない物質が原因になっていると驚かれるかもしれませんが、思いもよらない物質だけに、検査でないと特定することができないとも言えますので、一度病院で検査を受けてみておくと、対処の使用もありますので、よいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加