顔 かぶれ 原因 治し方

顔のかぶれの原因と治し方

スポンサーリンク

顔がかぶれてしまい、かゆくて湿疹がでたり赤くなったりすることがあります。
痒みなどは、つらい症状であることはもちろん、顔は、最も人に見られる気になる部位ですから、顔のかぶれは適切な対処法による治し方をしていきたいものです。
かぶれの症状が発生したということは、顔の皮膚が何らかの原因物質に対してアレルギー反応を引き起こしてしまっているということです。
顔のかぶれの治し方としては、まず何の原因物質にアレルギー反応を引き起こしたかを突き止めることが有効です。
たとえば、洗顔料や化粧水などの類の化粧品、又は歯磨き粉に反応して顔のかぶれの症状を引き起こしてしまうこともあります。
更に、化粧品や化粧水など化学物質が含まれるようなもののみならず、花粉やハウスダスト、ペットの毛など、人によって反応を起こしやすいものは異なります。
かぶれは、皮ふのアレルギー反応ですので、皮膚がアレルギーを起こす原因を究明し、その原因に近づかないことが大切と考えられています。
それまで、全くアレルギー反応を起こしたことが無かった物質にも、突然反応を起こすことがありますし、新しく使用し始めた化粧品などに反応を起こすこともあります。
症状が出てしまった場合の治し方としては、皮膚科を受診し、皮膚科専門医の意見を聞くことが有効とされており、その場合、治療薬として外用薬が処方されます。

スポンサーリンク

皮膚科のクリニックの医師を受診した際、かぶれの症状の原因が特定されない場合は、血液検査によりアレルギー検査をすることがあります。
血液を採取することにより、どのような物質にアレルギーを起こしやすいかの特定が容易になり、顔のかぶれを防ぐことにも役立ちます。
皮膚が乾燥し、バリア機能が低下した状態の場合、肌が健康な状態に比べてアレルギーを起こしやすくなることがあります。
したがって、かぶれをを防ぐためには、皮膚の乾燥を予防して保湿を徹底し、肌がアレルギーを起こしにくい状態に導くことも大切とされています。
かゆみや赤みなどかぶれの症状が出ているときは、顔をなるべくこすらず、処方されたステロイド剤や非ステロイド剤の軟膏を指示通りに使用し、清潔を心がけることが推奨されています。
特に、ステロイド剤は患部の皮膚の炎症を素早くしずめ、湿疹やかゆみを鎮静化させる働きがあるります。
このステロイド剤の治療薬は、顔のかぶれの症状に対する治療のみならず、アレルギー性の皮膚炎などにも使用されています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加