白髪染め かぶれ 原因 治療

白髪染めかぶれの原因と治療方法

スポンサーリンク

見た目年齢を若々しく保つためにも、女性は白髪を染めるという方がほとんどです。
しかし、白髪染めには強い薬剤や染料が使われていて、染めている時にピリピリと刺激を感じたり、赤くなったりかぶれてかゆくなることもあります。
これは白髪染めに含まれているジアミン系という化合物が原因です。
白髪染めかぶれの場合、アレルギー症状を引き起こしている場合が多いです。
体質により、このジアミン系化合物に対して、体がアレルギー反応を引き起こしてしまっているのです。
この化合物に対してのアレルギー反応を原因として、染めた直後に、白髪染めを使用した頭皮の皮膚に異常が出る場合もありますが、アレルギーの場合だと数時間後や1、2日が経過してからのちに、皮膚トラブルなどが出る場合もあります。
頭皮だけでなく耳の後ろや額、首の後ろなど、カラーリング剤が付着した部分に起きてしまいます。
白髪染めかぶれの治療方法としては、アレルギー反応を原因とする白髪染めによるかぶれの症状が収まらず、アレルギー症状のかぶれの辛い状態が続くようなら、すぐに病院に行って、適切な治療を受けるようにしましょう。
軽い症状なら、かゆみを抑えるためにかぶれが起きている部分を冷やしたり、お風呂に入る時にはぬるめのお湯に浸かるなどして、体温を上げないというのが白髪染めかぶれの治療方法として大切です。

スポンサーリンク

一度白髪染めやヘアカラーでかぶれなどの症状が出てしまうと、今後二度と白髪染めなどを使用することができません。
白髪染めによるかぶれは、ジアミン系化合物によるアレルギー症状なので、いったんかぶれが治ったからといって、またおなじ白髪染めを再度使ってしまうと、さらに重たい症状が出てしまう場合があります。
アレルギーをひき起こす物質を使わないようにして、場合によっては病院でどの物質に反応しているか検査(パッチテスト)を受けるのも良いでしょう。
とはいっても、白髪を染めないわけにもいかないでしょうから、ジアミン系が使われていない染毛剤を使用するのがおすすめです。
白髪を染めるためには、白髪染めかぶれの原因となるジアミン系が使われている白髪染めだけではなく、植物由来の色素成分でできたトリートメントや、カラーシャンプーなどもありますから、それらを使用すると良いでしょう。
また、白髪染めを購入する際には、しっかりと商品に書かれている成分表をチェックしてみて、ジアミン系が含まれていないものを選ぶのが重要です。
そして、使用前には毎回面倒でもパッチテストを行うようにしましょう。
頭皮全体に、実際に白髪染めを使用してかぶれのかゆみや赤みなど、辛い症状が生じてしまう前に、腕などにテストとして、白髪染め薬剤を塗ってみて反応を観察するということです。
そうすることによって、頭皮全体に辛いかぶれ症状が出てしまうということを未然に予防することができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加