ヘアカラー かぶれ 治療 対処法

ヘアカラーかぶれの治療と対処法

スポンサーリンク

髪の毛の色を変えたり白髪を目立たないように染めたりなど、女性は髪のカラーリングでおしゃれを楽しむ方もたくさんいらっしゃいます。
美容室で染めてもらう方法もありますが、自宅でヘアカラーを使って髪の毛を染めるのも一般敵です。
自分で染められるヘアカラーは、数多く市販されていて、低価格で購入することができてとても経済的です。
市販のヘアカラーは、どんな人が使っても手軽に、簡単に髪の毛の色を染めることができますが、色を長持ちさせるために様々な薬剤や化学物質が使われています。
そのため、肌の弱い方や体質によっては、ヘアカラーに含まれるこれらの化学物質などが原因となり、、かぶれやかゆみ、赤みなどの症状が出しまう場合があります。
かぶれの症状を生じ、頭皮や皮膚に異常を感じた場合には、すぐにぬるま湯などでカラーリング剤を洗い流して、皮膚科クリニックなどの病院ヘ行って適切な治療を受けるようにしましょう。
また、人によってはカラーリングしてから数時間後、1日後など、ある程度の時間が経過した後からかぶれの症状が出る場合がありますが、異常を感じた場合にはすぐに治療を受けるのが大切です。

スポンサーリンク

カラーリング剤でのかぶれなどのリスクを抑えるためにも、使用前に必ずパッチテストを行うようにしましょう。
パッチテストの実施方法について説明します。
パッチテストを行うには、ヘアカラーのカラーリング剤を少量、二の腕の内側などに塗って、しっかりと乾かします。
30分経っても乾いていないようなら、表面をティッシュなどで吸い取って乾かすようにしましょう。
ニ剤形式のカラーリング剤の場合には、少量ずつ別の容器に出して混ぜ合わせてから腕に塗るようにしましょう。
塗る量としては10円玉大くらいが適切です。
そして、30分後、48時間後の肌をチェックしてみて、異常が出たらすぐに洗い流して、そのカラーリング剤は使用しないようにしましょう。
また、パッチテストをする時には48時間、その部分を水に濡らさないというのが重要なので、お風呂に入る時にも注意しましょう。
自宅でできるヘアカラーのカラーリング剤は、非常に手軽に安価に毛染めを行うことができますので、便利ですが、その反面、自己責任を伴います。
ヘアカラーかぶれを引き起こしてしまい、かゆみや湿疹などのやっかいなことにならないように、事前の対策が大切なのです。
事前のパッチテストで、あらかじめ体質にあうかどうかをテストすることができれば、かぶれやかゆみ、アレルギーなどを予防することができますから、ヘアカラーの前には毎回行うようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加