漆かぶれ 治療法 漆かぶれに効く薬

漆かぶれの治療法〜漆かぶれに効く薬とは?

スポンサーリンク

漆は、もともと職人が扱う代物であることが多かったと思います。
最近では、漆は、職人だけでなく、今ではDIYに使用されたりと身近な存在になりました。
しかしながら、漆は直接触れてしまうと漆かぶれという症状が起きてしまいます。
中には、漆自体が体に合わないのか、直接触れたわけでもないのに使用しているだけでもかぶれたり、漆の葉に乗った水滴が触れてもかゆみが起きる方もいらっしゃいます。
漆かぶれの症状としてのかゆみは、次第に強くなって、次第に赤くなり、より症状がひどくなってしまったときには、ほかの部位にうつり、同じような症状を起こしてしまうこともあります。
漆かぶれの症状によるかゆみは、非常にやっかいで激しいものがあります。
漆かぶれのかゆみは、眠れないくらいに、かゆみがどんどん増していきます。
かゆいからといって、漆かぶれの生じている患部をかきむしってしまうと、皮膚を傷める原因にもなります。
このように、漆かぶれは何も対処しないままでは、やっかいな症状につながりますので、漆かぶれを起こしたら、早急に治療に取り組むほうがよいでしょう。
個人の体質によって、治療期間は様々で個人差がありますが、ステロイド系の軟膏を塗ったら、割と簡単に症状が治まることもあります。
ですので、症状が軽い時や皮膚科に行く前の応急処置などに、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

漆かぶれを治すために有効な治療法は、昔からいくつか伝えられてきています。
海に浸かったり、杉の葉のお風呂に入ったり、塩をすり込むなど様々なものがあります。
現在では、皮膚科で先述のステロイド剤の外用薬や抗ヒスタミン剤の内服薬を処方してもらって治療していく方法があります。
漆かぶれに実際なってしまってからよりも、あらかじめ予防することもよいでしょう。
漆かぶれを予防するためには、漆を使ってかぶれを起こす前に、あらかじめ白色ワセリンを肌に塗っておくと、漆から肌を守ることができます。
漆かぶれが予想されるような作業をする前に白色ワセリンを前もって買っておくといいかもしれません。
また、体調不良の時もかぶれを引き起こしやすくなります。
したがって、漆かぶれが予想される作業をする際には、できるだけ肌を露出しないようにするとともに、体が健康な時を選んで作業を行うようにしましょう。
そもそも、肌が弱い方は、あまり漆を使うのはおすすめできません。
漆をどうしても使いたいという方は、インターネットを活用することによって、漆塗り職人がいつも行っている対策や治療法を調べて、しっかり読んでその対策を講じてから漆を用いる作業を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加